忍者ブログ

オランウータンなど類人猿に他者の誤り見分けて助ける能力、研究

オランウータンと人間の親近性。

AFPリンクより引用
--------------------------------------------------------------
【4月6日 AFP】霊長類の中で人間に最も近い種のオランウータン、チンパンジー、ボノボなどの大型類人猿は、人間と同じように、他者が間違った考えを持っているのを見分ける能力があるとの研究論文が5日、発表された。

米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)に掲載された論文によると、大型類人猿は、物の在りかについて思い違いをしている他者を進んで手助けするという。

独マックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)のダビド・ブテルマン(David Buttelmann)氏は「類人猿が思い込み(誤信念)というものを理解して他者を適切に助けることを示したのは、今回の研究が初めてだ」と述べた。

研究チームが実験に使用したテストは、1歳半前後の人間の幼児向けに開発されたもので、他者が誤った考えを持っていることを理解できるかどうかを判定する。

まず、類人猿が見ている前で、1人目の人間が2つの箱のどちらか一方の中に物を入れてその場を離れ、2人目の人間がその物を箱から取り出し、もう一方の箱の中に入れる。戻って来た1人目は、物が移動されたことを知らず、こちらに入っているはずだと考えて初めの箱を開けようとする。これが誤信念のテストとされるもので、対照実験として、1人目が室内にとどまり、2人目が物を入れ替えるのを確認する状態でもテストも行う。

独ライプチヒ動物園(Leipzig Zoo)で行われた今回の研究には、チンパンジー、ボノボ、オランウータンなど合計34匹の大型類人猿が参加した。

物が入れ替えられるのを1人目が見ていない誤信念のテストでは、猿たちは偶然よりも有意に高い頻度で実際に物が入っている箱を的確に選んだ。

研究チームは、類人猿が人間の幼児と同じように「どちらの箱に物が入っているかについて誤った考えを持っている人が物を見つけ出すのを手助けする傾向が強い」ことを発見したと論文で述べている。

これまで研究者らの間では、このように他者の意図を理解する、いわゆる「心を読む」能力は類人猿には備わっていないと考えられていた。

「類人猿は、社会的交流の中でこの種の理解を利用する能力がある」と論文は結論付け、「今後、研究の裏付けが得られれば、社会的認知に関する大型類人猿と人間との間の明らかな違いは、他者の心を『読み取る』基本的な能力ではなくて、どこか別のところにあると考えられるようになるだろう」と述べている。(c)AFP



匿名希望
PR

ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!

ダーウィン・ジャーナルから転載です
リンク
ヘビやクモが怖いのは生まれつき?赤ちゃんへの恐怖実験で原因を解明!ー最新心理学

---------------------------------
ヘビやクモを怖がったり嫌がる人は多いが、なぜだろう?この恐怖心は生まれつきだろうか?それとも学習で身につけるのだろうか?

学術誌「フロンティアーズ・イン・サイコロジー」に先週掲載されたStefanie Hoehl氏らの研究では、生後6か月の赤ちゃんもヘビやクモを見るとストレスを感じることがわかった。

■なぜヘビやクモが嫌いな人は多いのか?

クモやヘビが嫌いな人は多い。クモ恐怖症(アラクノフォビア)やヘビ恐怖症(オフィオフォビア)など、病的な恐怖を抱く人もいる。

しかし現在、特に先進国では、クモやヘビが実際にヒトに危害を加えることはほとんどない。

それなのに、なぜヒトはクモやヘビを怖がるのだろう?


■ヘビやクモへの恐怖心は生まれつき?それとも学習?

ヘビやクモへの恐怖心が生まれつきで遺伝的なものなのか、それとも学習や文化によるものなのか、いまだに結論ははっきり出ていない。

従来の大人を対象とした実験では、恐怖心の原因が遺伝なのか学習なのか区別できない。

そこで、事前に経験や学習の機会がほとんどない赤ちゃんの出番だ。


■生後6か月の赤ちゃんに画像を見てもらう実験!

色やサイズが似たクモと花( Stefanie Hoehl氏らの論文より)

色やサイズが似たヘビと魚( Stefanie Hoehl氏らの論文より)

Stefanie Hoehl氏らの研究では、生後6か月の赤ちゃんにヘビやクモの画像と、色や大きさが似た魚と花の画像を見てもらい、反応の違いを調べた。

この実験では瞳孔の大きさ※の変化を比較した。

※瞳孔の拡大は、ストレス反応と関連していると考えられる。


■クモやヘビを見ると赤ちゃんもストレスを感じた!

( Stefanie Hoehl氏らの論文の図に日本語を追加)

実験の結果をまとめると・・・

赤ちゃんはクモやヘビの画像を見ると、似たような花や魚を見るときよりも瞳孔が大きくなった。

⇒ つまり赤ちゃんはクモやヘビを見るとストレスを感じることがわかった

クモやヘビについて学習していないはずの赤ちゃんが反応したことから、クモやヘビへの恐怖心はヒトに生まれつき備わっている可能性が高まったといえる。


■恐怖心の起源は5000万年前にあり?

現在では、ヘビやクモは多くの人にとって危険ではない。

しかし4000万~6000万年前の人類の祖先にとっては、毒ヘビや毒クモは命を脅かす存在だった可能性がある。

毒ヘビや毒グモに対して素早く反応できたヒトだけがうまく生き延びて、子孫を残すことができたのかもしれない。

このようにして、クモやヘビへの恐怖心は子孫に受け継がれ続けて、いまだに私たちのDNAに刻み込まれているのかもしれない。


■管理人チャールズの感想

クモやヘビの恐怖心についての興味深い研究でした。ただ、個人的には実はヘビやクモは全然苦手ではありません。むしろゴキブリや毛虫の方が恐ろしいです。次はこの恐怖心の謎を解明してもらえないかな・・・
---------------------------------
(転載おわり)



孫市

人間の表情が豊かな理由は生活集団の大きさと顔の地味さにあった?

同じ霊長類でも、猿と比べると人間の顔は地味であっさりしている。その代りに、我々人間の表情は実に豊かだ。怒りや悲しみ、喜びといった感情から微細な気持ちの動きまで、表情を使って相手に伝えることができる。それは一体なぜか? その答えのヒントになる研究結果が発表された。

カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが、最近発表した研究結果によると、生活するグループが大きければ大きい種ほど、顔が地味でシンプルになることが判明したと言う。

UCLAの研究チームは、アメリカ大陸に生息する129種の霊長類を調査。その結果、目・鼻・口の周りの色や毛の色・長さなどがそれぞれ異なり、実に多様な顔の霊長類が存在することを発見した。

同時に興味深い事実も判明。集団で生活をしている種は、独りで生きている種よりも単純な顔をしているということだ。これは研究チームにとって予想外だった。というのも、大きな集団ほど個体の識別を必要とするため、顔は多様になり各パーツが複雑になると考えていたからだ。

しかし、実際には大きなグループに所属し、互いの距離が近いほど顔は地味になり、表情を使う傾向が高いことが分かった。互いの距離が近いことが、表情を使ってコミュニケーションをとらなければというプレッシャーを生んだのではないかと、研究チームは推測している。

この発見は人間の進化についても興味深い視点を提供してくれる。人間は他の霊長類の仲間と比べると、単純で地味な顔をしているが、それゆえに表情を使って複雑なコミュニケーションをとる能力が発達したのかもしれないと、推測することもできるのだ。

「顔の特徴の進化が、どのような要因で進んでいったのかについては、まだまだ分からない点が多い」と研究チームは話しているが、今回の発見は私たち人間の表情によるコミュニケーション能力が、突出した理由を考えるうえで、新しい視点をもたらしてくれたと言えるだろう。


松山恵実

白目を使った視線によるコミュニケーション

強膜(=白目)と呼ばれる部分が白いのはヒトだけで、ゴリラやチンパンジーはすべてこの強膜の部分が黒くなっています。

樹上に住めなくなったヒトの先祖であるカタワの猿は、なんとか周りの猛獣に対抗するため、組織力とりわけコミュニケーション能力を強化しました。それが、白目を使った視線によるコミュニケーションです。

以下ダイヤモンド・オンラインの「ヒトの白目はなぜ白いのか」より引用
リンク

*******************************

■視線によるコミュニケーション
 
ヒトの黒目は黒いので、白目が白いことによってそれが際立ちます。だから目の向き、つまり「視線」がよくわかります。「目は口ほどにものを言う」という言葉通り、ノンバーバル(非言語)・コミュニケーションの代表格が、視線です。ヒトは、
・フィードバックを求めるとき
・連絡をとりたいとき
・好意を示すとき
・敵意を示すとき
にアイコンタクトを取り(視線を合わせ)、親しさや好意が増すと、アイコンタクト時間が増えます。同時に、相手の視線を適度に回避することで、親しさの程度を正確に相手に伝えてもいます。ヒトは濃密な「視線によるコミュニケーション」を黒目と白目のコントラストによって成立させているのです。

でもこの問いの、本当の面白さはここからです。実は「白目が白い」のはヒトだけなのです。同じ霊長類なのに、サル(ここではヒト以外をサルとする)の白目はもれなく黒いのです。

■白目が白いのはヒトだけ!?

「白目が黒い」とは変な表現です。ヒトの白目にあたる部分は「強膜(きょうまく)」と呼ぶので、「なぜサルの強膜は黒いのか」と言い換えましょう。

ゴリラもチンパンジーもすべてのサルの強膜は、小ザルの頃を除けばかなり濃い茶色をしています。黒目も含めれば、サルたちの眼は全体的に黒いのです。いったいなぜなのでしょう? これでは「視線によるコミュニケーション」はとれません。

サルの眼は、多くの魚や鳥のように頭の左右に付いているのではなく、正面に両眼が付いています。このお蔭で立体視ができ、対象までの正確な距離がわかります。森の中、樹上で生きていくには、それが必須だったのでしょう。そうでなければ高木の上で、枝や果実を正確に掴めません。それは命に関わります。

その代わりに視野が狭いので、広域をスキャンするには体や首を回すか、眼球だけを動かさなくてはいけません。でも、強膜が白くてはマズいことがあるのです。特に、より強い相手(=捕食者、抗争相手)と遭遇したときに。強膜が白くてはマズいこと、それは「視線がバレる」ことなのです。

視線によって、相手に自分の次の行動がわかってしまいます。逃げようとしているのか、襲おうとしているのか。どこに逃げるのか、どこを攻撃するのか。視線がバレて良いことはひとつもありません。生き残るために、敵との戦いを有利にするために、「すべてのサルの強膜は黒い」のです。ではなぜヒト「だけ」が、その強膜を白くしたのでしょうか?

■なぜヒトの強膜だけが白くなったのか!

ヒトはおよそ200万年前、木を降り森を出てサバンナで生きることを選択しました。でも「地上に降りた、か弱きサル」であったヒトに、単独で敵(ライオンなど)と戦うという選択肢はありませんでした。

ヒトの最大の武器は、頭脳を使った仲間との連繋プレーでした。素早い情報交換のために、そのコミュニケーション能力を発達させてきました。そのひとつが「視線」であり「目の表情」だったわけです。

ヒトの白目が白いのは、文字通り「目にものを言わせる」ため。そしてそれは、力やスピードでなく智慧で戦うことを選択した、ヒトという霊長類の特殊な武器だったのです。

■本当の「問い」はなんだったのか?
 
最初に「白目はなぜ白いのか?」と問いました。でも本当の「問い」はそんなものではありませんでした。
・なぜすべてのサルの強膜は黒いのか
・なのになぜヒトだけ強膜が白いのか
が本当の問いでした。これが「白目はなぜ白い?」という同義語反復(トートロジー)的な問いの、本当の姿だったのです。この正しい問いを初めてちゃんと発したのは、小林洋美さんという日本人研究者でした。

それまでも「サルの目は黒い」「ヒトだけ違う」ということは専門家の間では認識されていましたが、きちんと調査した者はいませんでした。京都大学の大学院生だった彼女はそれをちゃんと調べ(霊長類92種を名古屋の日本モンキーセンターで調査)、さまざまな発見をし、論文としました。1997年のことでした。

この問いは、ギリシャの昔に立てられてもよかったでしょう。ヒトもサルもそのときから目の色は一緒です。でもほんの20年前までちゃんと問う者はおらず、調べられることもありませんでした。なんとなくの常識に埋もれていたのです。

*******************************


西本圭

なぜ人間にはしっぽがないのか?

多くの動物がしっぽを持っているが、なぜ人間はしっぽがないだろう。人類の進化を見て、昔はしっぽがあったが、今なくなりました。本当になくなったか?しっぽの必要性がなくなった人類にしっぽの代わり、尾てい骨が残っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リンク
より引用
サルと人間の分岐・直立歩行によって得られた進化の恩恵
人間は類人猿と呼ばれるグループに属しており、チンパンジーやゴリラ、オランウータンと同様にしっぽがありません。テナガザルのような小型類人猿もしっぽを持ちません。

そして、それはしっぽを持たないことがなんらかのメリットになるかどうかについての手がかりを与えてくれます。

まず、しっぽを喪失した理由を理解するために、私たちの歩き方を見ていきましょう。

ゴリラのように私たちと同じ霊長類のなかには、身をかがめて上半身を地面に対して斜めに傾けて歩く半直立のものもいますが、ヒトは完全に直立して歩くことができます。

そして、この直立二足歩行は、私たちに下記のような様々なメリットを与えました。
エネルギー消費の抑制
たとえば、同じ距離を前進するにしても、四足歩行の動物は、4本のどのステップにもエネルギーを注がなければなりませんが、二足歩行なら重力をうまく利用してネルギー消費を抑えることができます。
地面を一歩踏み出すたびに、重力が私たちを前方に引っ張るため、それが結果的に四足歩行に比べて25%ものエネルギー消費の抑制につながったのです。

自然界では、エネルギー消費の問題は、生きるか死ぬかを左右する重要な要素となります。

消費エネルギーが節約できると、その分移動距離も長くなり、食べ物を探し回ったり、捕食者から逃げたりといった必要な活動に備えることができます。冬期や飢餓を乗り越えるための摂取エネルギー量をおさえることにもつながるでしょう。

それだけにとどまらず、実のところ、この直立した歩き方は、しっぽの必要性の排除につながったとも考えられています。

しっぽの喪失
動物学者で、メルボルン大学のTiegs Museumの所長でもあるデイビッド・ヤング博士は次のようにいいます。

人間でも5キログラムといわれるほどの重量物である頭が、四足歩行の場合は前方に位置するために、ほ乳動物はしっぽで頭とのバランスを調節して歩かなければなりません。
このようにしっぽは、四足歩行の動き、特に走行を助けており、ネコ科動物のように速く走れる生き物ほどより長い尾をもつ傾向があるといわれます。

しかし、直立二足歩行では、歩くときに頭が体の上に位置するため、前後の重量バランスを相殺する尾の必要性がなくなります。

実のところ、人間にも尾はありますが、それは私たちが母親のおなかの中にいる胎児期のほんのわずかな期間だけです。最もはっきりと分かるのが妊娠31日から35日の間で、その後は4、5つに融合した椎骨(ついこつ)に退行します。

それでは、サルと分岐して進化する間に、私たち人類には何が起こったのでしょうか?

それについて、デイビッド・ヤング博士は、「サルと類人猿」、「しっぽの有無」の違いは、特定の環境への適応の問題だと考えています。

しっぽのあるサルとないサルがいるのは環境に適応した結果
小型類人猿のテナガザルは、長い腕を使って、東南アジアの森林の中で、枝から枝へ揺れながら移動します。彼らは揺れるときに、体幹と脚をぶら下げて、体を直立姿勢にします。そして、このタイプの移動方法において、しっぽは邪魔になるだけで、テナガザルにはしっぽはありません。

テナガザルはまた、バランスを取るために腕を使って枝の上で二足歩行をすることでも知られています。また、このしっぽの無い直立姿勢は、木の幹を登るのにも適しているのです。
一方で、南アフリカのクモザルは四足歩行で、しっぽで枝につかまったり、枝の間を移動したりと第3の手として使うことができます。
いいかえると、サルはサルでも、これらは遠く離れた別の系統グループであり、その違いは、特定の環境に適応していくにつれて自然に生じた結果に過ぎないのです。

類人猿の直立姿勢について
類人猿の直立姿勢は、解剖学的に考えると、短い腰部と尾の喪失によって可能となります。
また、私たち人間の肩甲骨は、一般的なサルのように側面ではなく、テナガザルと同様に背後にあるため、腕を上げたり振り回したりできるといわれています。
私たちの祖先は、直立して歩けるようになったことで、木の上から地面の上へと生活の場を拡大し、環境の変化に適応するために少しずつ体を調整しながら、二本の足で安定して立ち、手を自由に使って道具を持ったり投げたりして獲物を捕まえることもできるようになっていきました。
このようにして直立歩行は、尾を捨て、人類にさまざまな恩恵をもたらしてきたのです。
人間にあるしっぽの名残「尾てい骨」
実のところ、私たちの体には、今も古代の霊長類の祖先についていたしっぽの名残があります。残念ながら、そのしっぽの名残は、犬のようにうれしい時に振ったり、悲しいときに垂らしたり、恐竜のように武器として使ったりすることはできませんが。

人間の背骨を見ると、下側にいくつかの骨が部分的に融合した部分があります。それがしっぽの名残だと考えられている「尾てい骨」です。

さて、世の中にはまれに、しっぽのようなものが生えて生まれてくる赤ちゃんがいます。
かし、それは実際のしっぽではなく、ほとんどが腫瘍、または、嚢胞(のうほう)とよばれる液体がたまった袋状の病変だといわれ、寄生性双生児であることもあります。

まれに、背骨が伸び出したケースもあるようですが、それには骨が全くなく、完全に脂肪と組織からなる柔らかい管となっています。
これらのタイプの尾は通常、先天性欠損症として形成されたものだといわれており、脊椎の奇形は二分脊椎症と呼ばれ、胎児期の脊椎骨の形成不全から生じる神経管障害のひとつとして考えられています。そして、このようなケースは通常、医者によって外科的に赤ちゃんに害を与えることなく取り除かれます。



匿名希望

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
お勧めサイトランキングへ

カウンター

カテゴリー

最新コメント

[11/30 無飼]
[11/30 ムカイ]
[11/30 ムカイ]
[11/22 JoanneGuerrero]
[02/07 言霊百神]

ブログ内検索

バーコード

P R