忍者ブログ

オマキザルは3000年前から石器を製作していた

野生のヒゲオマキザルが3000年以上前から石器を製作しており、その技法が時と共に変化してきたことが明らかになってきたようです。

natureasia.com リンクより、以下転載。
------------------------------------------------------------------
オマキザルは3000年前から石器を製作していた
2019年6月25日

Capuchin monkeys have been making stone tools for 3,000 years

野生のヒゲオマキザル(Sapajus libidinosus)が3000年以上前から石器を製作しており、その技法が時と共に変化してきたことを示唆する論文が、今週掲載される。

サルやチンパンジー、ラッコは、いずれも野生で石を使って木の実や貝の殻を割ることが知られている。しかしこれまでのところ、ヒト以外の動物で考古学的記録が知られているのはチンパンジーだけだった。

今回Tomos Proffittたちは、ブラジルでオマキザルの考古学的遺跡を発掘した。現在、そこではサルが石を使ってカシューナッツの殻を割っている。放射性炭素年代測定と石器の分析の結果、オマキザルは3000年(すなわち450世代)にわたり、石を使って木の実を割ってきた可能性が明らかになった。

また、オマキザルが時と共にその方法を変化させてきたことも示唆された。3000年の歴史を持つこの遺跡の最初期には、オマキザルは現在よりも小型で軽量な石器を使用していた。2500~300年前までは、オマキザルは食物を加工処理するために、より大きくて重い石器を使用していた。そして最近では再びわずかに小型の石器を使用するようになり、これは現在のカシューナッツ割りと関係している。

Proffittたちは、使われる石器の変化を説明する仮説が複数考えられ、オマキザルの群れによって使う石器が異なっていた可能性や、カシューナッツがより多く得られるようになる以前は、異なる食物の加工処理に異なるサイズの石器が必要であった可能性があることを示唆している。
-----------------------------------------------------------------
転載終了



立川久
PR

類人猿の歴史1~乾燥化に適応すべく様々なニッチを見つけ出し、分化していった類人猿

現生類人猿(ヒト上科)は大型類人猿(ヒト科)と小型類人猿(テナガザル科)に分けられる。ヒト上科がオナガザルなどのその他のサルと分かれるのは3千万年前、その後、2千万年前にヒト科とテナガザル科が分かれ、その後、すぐにオランウータンが分岐、1千万年前にゴリラとチンパンジーが分岐したといわれている。

類人猿第1世代(2000万年前~1400万年前)

確実な記録としては1700万年前のグリフォピテクスとされるの類人猿の化石が最も古い。その特徴は頑丈な顎で、熱帯気候から季節的変化のある気候に対応するために、より多種な植物を食べていたことが伺える。しかし第1世代類人猿が生息した東アフリカはさらに乾燥化が進み、1400万年前頃から化石空白時代に突入する。

類人猿第2世代(1400万年前~900万年前迄)

他方アジアではのちにオランウータンにつながるシヴァピテクス等が繁栄していく。シヴァピテクス等はアジアの高木層を持つ熱帯雨林の巨大果実を主食として繁栄した。しかし1000万年前以降は衰退し600万年前にはヒト科は種数では2割に落ち込んだ。ニホンザルを含むオナガザル科のサルたちが寒冷化に適応したのに対して、ヒト科のサルたちは、人類を除いては適応できなかったようだ。ただし1000万年前から900万年前は寒冷化が持ち直した時期で、アフリカの類人猿も一時的に繁栄した。しかし900万年前から600万年前にかけて、再びアフリカの類人猿化石は空白期間に入る。また同時期にヨーロッパでも類人猿は絶滅。季節変動のある植生の森では果実食に特化したヒト科は生き延びることができず葉食のオナガザルに押されてしまった。

類人猿第3世代(700万年前~400万年前)

そしてヒト科の中からも草食に転換する種が生まれた。それがゴリラである。また同じ果実食でも、それまで他の種が食べられなかった固い果実の種をすりつぶして食べる歯とそれを脂肪として貯蔵し、果実のない季節を乗り切るべく体を改造していったのがオランウータンである。そして乾燥化の中にあって、あくまで果実食にこだわり、同類闘争を激化させて、小集団同士の激しい争いを勝ち抜く集団序列体制の構築と、強烈な性闘争によって生き残っていったのがチンパンジーである。

このように植生変化の中をニッチを探って生き延びていったのが類人猿であり、人類の歴史を考える場合でも同じような外圧を受けて進化していったという視点が重要である。

<参考文献:島泰三「ヒトー異端のサルの1億年」中公新書>




メスがイニシアティブをとるボノボ社会

京大霊長類研究所・古市剛史教授のインタビュー記事『ヒトが「ボノボ」から学ぶこと』(リンク)から引用します。

*********************************
ボノボは別の群れと出会ってもケンカはほとんどしません。小競り合い程度はありますが、殺し合うようなことはありません。
ボノボだけではなくて、チンパンジーやゴリラなどヒト科の動物はみんな父系社会なのです。だからオスにとって群れは「自分たちの集団」という意識があります。しかし、メスにとって大事なのは、集団そのものではなく、その地域のなかでどの集団をいかに渡り歩いて自分の子どもを1 頭でも多く残していくかです。しかし、群れから離れて別の集団に嫁ぐメスにとって、集団はあまり意味をなさないのです。

チンパンジーの場合、近親交配の危険を避けるためにメスが集団を出ていくと考えられてきましたが、近年の研究によると、自分が生まれた集団に留まるメスの繁殖に近親交配が悪影響を及ぼす危険性は、実はそれほど大きくない。だから、集団を出ていくメスもいれば残るメスもいる。なかには集団間を行ったり来たりするメスまでいます。

つまり、集団を維持しようとやっきになるのはオスだけ。オスが強い権力を握るチンパンジーは集団間の争いが激しいですが、メスの立場から考えると、出会った集団には母親や姉妹がいるかもしれません。敵対しても意味がないのです。
ボノボの場合、オス同士は多少緊張した雰囲気になりますが、先ほどお見せした写真のようにメス同士がどんどん交わり合って一緒に食事をしたりする。それで緊張が解けるのです。

このように、オスが集団のイニシアティブを握る場合とメスがイニシアティブを握る場合とでは、社会の雰囲気がまったく異なります。ヒトの社会もそうですね。今、私たちの社会は完全に非平和の方向に邁進しています。

私は、この社会が平和的な方向に向かうとすれば、女性がイニシアティブを握るしかないだろうと思っています。女性がもっと力をもって社会の動きそのものの方向性を決めるようになると、今とはまったく違う社会になるのではないかと思います。

私たちは、ヒトのことが知りたくてボノボやチンパンジーを研究しています。こんなにもヒトに近い生きものなのに、見事に対照的な社会をつくっているボノボとチンパンジーを見ていると、ヒトの社会を考えるヒントがたくさん出てきます。私たちのなかには、チンパンジー的な要素があり、ボノボ的な要素もある。そのことだけは忘れないようにしたいですね。




柏木悠斗

五感からみるヒトの進化

生物は外圧に適応するために、夫々の感覚機能を様々に変化させてきました。
ヒトが進化系統樹の最先端にいるからといっても、個々の感覚機能全てが優れている訳ではありません。外圧適応に応じた感覚機能を獲得しているです。

「日経サイエンスリンク」より引用します。

■□■引用開始■□■
アリストテレスの提唱した「五感」は、古代ギリシャ哲学では「自然を把握する能力」を意味していた。例えば私たちは視覚を使って光を感知することで、自分を取り巻く環境からの情報を得ている。同じように嗅覚と味覚は化学物質を、触覚は温度や圧力を、聴覚は空気の振動を感知することで、周囲からの情報を集めている。

五感は多くの生物が共通にもっている。私たちは他人はもちろん、時にはイヌや鳥までが自分と同じように世界を感知していると漠然と考えてしまうが、必ずしもそうではない。ヒトは視覚に頼る度合いが大きいが、イヌなどではむしろ嗅覚で世界を“見ている”。五感のうちどの感覚をより発達させるかは、その生き物がどういう環境の中で進化・適応してきたかによって大きく異なる。さらに、例えば視覚で言えば、三色視ができるとか、紫外線は見えないなどと言ったように、それぞれの感覚が具体的にどういう特徴をもっているのかは、その生物種がもつ「感覚受容体」の種類によって決まる。

ヒトをはじめとする霊長類の多くは世界を三色視で眺めている。これは赤・青・緑のそれぞれを感知できる色覚受容体があるからだ。しかし、これは哺乳類としては例外的だ。恐竜が闊歩した時代に長らく夜行性の生活を余儀なくされた哺乳類は、色覚が退化し、緑の色覚受容体をもたない種が多い(とはいえ、脊椎動物全般の中で言えば、ヒトの視覚はむしろ退化型だ。キンギョやハトやカエルなどは4種類の色覚受容体をもち、世界を四色視しているからだ)。

恐竜の絶滅後、霊長類の一部の系統で画期的なことが起きた。赤の受容体遺伝子が重複して2つになり、さらに一方が変異して緑を感知する受容体遺伝子になったのだ。三色視の獲得である。これは霊長類の中でも狭鼻猿類(旧世界ザル、類人猿、ヒト)と呼ばれるグループだけで起きたことで、これ以外の霊長類(南米に生息する新世界ザルやキツネザルなどの原猿類)はイヌ、ネコなどと同じく今も緑の色覚がない。逆に、三色視をもたらす変異が狭鼻猿類に広まったのは、夜行性から昼行性へと変わったのと無関係ではないはずだ。太陽光に照らされた世界では色覚をもつことの利点は大きい。

そして、ヒトを含む狭鼻猿類では三色視が可能になったことが、嗅覚やフェロモン系の退化につながった。さらに、チンパンジーやゴリラなどと比較するとヒトは苦味を感じる受容体遺伝子でも退化が速く起きていることがわかる。これは、ヒトでは知識を記憶したり、他者に伝達できるようになったことと関係していると私たちは考えている。




村田頼哉

同性愛は本能?人間だけでない同性愛の動物、同性愛は群れを強くする。

LGBTに対して日本は理解が遅れているとよく言われるが、根底には「オスとメスは子孫を残すためにある」という前提があり、本能的に不自然と考えるからだ。
では動物界ではどうだろう

引用
リンク
-------------------------------
動物界での同性愛は自然なこと。チンパンジーの仲間、ボノボはほぼバイセクシャル

動物界における同性愛はちっとも不自然なことではない。実にナチュラルに行われている。

 事実、ペンギンはもちろんライオンからイルカ、ハゲワシからコウモリまで、同性愛行為が自然界において社会的タブーだったことはない。それは本能だ。

 そして人に最も近い種であるボノボは、チンパンジーの中で最も知能が高いだけでなく、ほぼバイセクシャルだという。
ヒト科チンパンジー属に分類される霊長類、ボノボは非常に頭が良く、人間だけが行うと考えられていた正常位での性行為を行っていることが発見された。

 推定によれば、ボノボによる性行為のおよそ6割が2匹以上のメスによって行われる。

 彼らは大きな共同体で暮らし、基本的に望む者となら1日中やっている。唯一、性的な無作法とされるのは、母親といたすことだけだ。

------------------------

ではなぜ同性愛へと進化したのか。

引用
リンク
動物の同性愛に遺伝的な利点、仲間の繁殖力が強化されることが判明(スウェーデン研究)

----------------------------
仮説を検証するために、低レベルの同性愛行為が確認されたマメゾウムシのオスとメスで実験が行われた。まずそれらで人工交配を行い、同性愛傾向のある遺伝子グループを作成した。ここから、この遺伝子グループでは異性のきょうだいの繁殖力が高いことが判明した。

0_e5

 すなわち、同性同士のマウンティング行動を強化されたオスにおいて、後のテストで求愛行動を確かめた際にオスとメスとで特に区別している様子はなかった一方で、そのきょうだいであるメスでは通常よりも多くの産卵が確認されたという。

 この結果は、同性愛行為が一方の性に広まるのは、異性側にメリットがあり、その行動を司る遺伝子が自然選択によって保存されるからであるという説を裏付けている。これは幅広い動物種で同性愛が見られる基本メカニズムを示しているようだ。

1_e8

 専門家によれば自然界における同性愛の研究は、長い間タブー視されてきたという。しかし、性は繁殖のみならず、群れの機能を円滑にするという役割もあるために、非常に重要なテーマだと言える。例えば、部族単位で生活する動物では、あぶれたオスを満足させたり、オス同士の絆を強化するなど、社会的な機能を果たすことがある。

-----------------------------
繁殖だけでなく、群れの機能を円滑にするという役割もある。
より集団として強くなることを目指し同性愛という形で進化したのかもしれない。




おぬこ

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

にほんブログ村 科学ブログ 生物学・生物科学へ
お勧めサイトランキングへ

カウンター

カテゴリー

最新コメント

[11/22 JoanneGuerrero]
[02/07 言霊百神]
[06/10 履歴書の書き方]

ブログ内検索

バーコード

P R